前へ
次へ

七五三の初穂料について

七五三の初穂料(はつほりょう)とは、七五三のお参りで祈祷してもらった際に、謝礼として納めるお金です。
初穂料の相場は、3000円~1万円くらいとなりますが、相場的には5000円が多いようです。
予め料金を決めている神社も存在しますし、「お気持ちでお納めください」としている神社も少なくありません。
のし袋の表書きについては、「御初穂料」または「初穂料」と書き、水引の下の段には、親の名前ではなく、祈祷を受ける七五三の子供の名前をフルネームで書くのがマナーとなります。
もともと初穂とは、神仏にお供えするその年に最初に採れた、稲や野菜などの農作物のことでした。
その初穂の代わりとして献じられる金銭のことを、今では指すようになりました。

Page Top