前へ
次へ

お宮参りや七五三で必要な初穂料とは。

「初穂料(はつほりょう)」とは、安産祈願やお宮参り、または七五三詣などで神社でご祈祷を受けたり、地鎮祭などの祭事を受ける場合に神社へのお礼としてお供えするお金のことをいいます。
名前の由来は、豊作と収穫を神様に感謝して「初物」をお供えする昔ながらの風習から来ています。
しかし、「初物」は季節によって手に入らない時期もあります。
そこで、代わりにお供えするようになったのがお金だといわれています。
近年では、神社にお供えする金銭の殆どが「初穂料」と呼ばれるようになりました。
また、神社によっては「玉串料」とされている場合もあります。
これらは一般的には、熨斗袋にいれて「初穂料」「玉串料」「御礼」「祈祷料」などと表書きを書くのがマナーとなっています。

Page Top