前へ
次へ

七五三の初穂料はどうすればよいか

七五三を迎えて神社などで祈祷をお願いする場合、祈祷料でもある初穂料をおさめる必要があります。
初穂料とは、その年に初めて収穫できたお米の穂を表し古くはそれを納めたことから、その名がついています。
初穂料は、5000円~10000円が相場です。
神社によっては、規定しているところもありますので、事前にしっかりと調べておく必要があります。
お気持ちだけでといわれても、納めたほうがよいです。
料金は白い封筒か祝儀袋に納めます。
その際は、水引を使用し、表に初穂料下段に自分の子どもの名前を書きます。
祈祷後、おさがりと言ってお守りやお札などを神社からいただけることがほとんどです。
金額により、その内容が違うことがあります。

Page Top