前へ
次へ

七五三詣での初穂料とは。

神社で七五三詣などを行なってもらう場合に必要な「初穂料(はつほりょう)」「玉串料(たまくしりょう)」とは、ご祈祷・祝詞などの御礼に神様にお供えする金銭のことを表します。
主に両親が用意し支払うものですが、地域によっては祖父母が用意する風習の場合もあるようです。
一般的には熨斗袋もしくは封筒に収め、社務所などでの受付の際に渡します。
初穂料の金額は、相場としては五千円から一万円ほどとなっています。
各神社によっても金額が定められている場合もありますので、予約時などにあらかじめ問い合わせておくと安心です。
熨斗袋には、水引の上に「御初穂料」「初穂料」「御礼」「玉串料」などと記入し、下には子供の名前をフルネームで記名しておきます。

Page Top